World Info(わーるどいんふぉ)

SNSで拡散(バズ)って貰える記事が書けることを夢見て。

無料オンラインストレージ(クラウド)まとめ

time 2016/08/18

無料オンラインストレージ(クラウド)まとめ

世の中には様々な特徴を持った数多くのクラウドストレージがあります。ここでは、無料オンラインストレージ(クラウドストレージ)を紹介していきます。いづれのサービスも、いつサービスが終わるか、無料ストレージが縮小されるか分かりませんのでその辺を理解して便利に利用しましょう!

52
Evernoteが値上げして無料ユーザーが同期できる端末が2台に制限されてしまったのでおすすめから外しました。

 

 

sponsored link

12

Dropbox

https://www.dropbox.com/
2GB 無料 (+500MB/紹介 +16GBまで)
1TB \1,200/月

クラウドのオンラインストレージといえば、Dropbox(ドロップボックス)というくらい有名です。
登録すればだれでも無料で2GBのディスクスペースを利用できます。初期無料ストレージ量は、友達紹介などで無料追加ストレージ量を貰うことができ、無料で16GBまで利用する事が出来ます。

images123無料のサービスだけなら他にも大容量のディスクスペースが利用できるサービスはたくさん存在します。
ですが、Dropboxの売りはそこでなく、アプリケーションを利用した高機能なファイル同期やバックアップシステムです。

使いやすい同期ツール

たとえば、会社のPCで使っているファイルを自宅で作業したい場合、自宅のPCに移動する必要がある。
その際、USBメモリに保存する、メールに添付して送付するなどして移動をするがDropboxを使えばそのような手間は一切なくなる。「My Dropbox」と呼ばれる専用のフォルダに利用したいファイルを放り込んでおけばいい。それだけで、自宅のPCに会社や学校にあるものとまったく同じファイルが自動的に転送されるのだ。また、自宅でそのファイルに修正を加えると、会社や学校のファイルにもまったく同様な修正が加えられる。ユーザーはDropboxの存在をほとんど意識することなく、複数のPC、スマートフォンなどで同一のファイルを共有できるようになります。

便利なバックアップ機能

単にファイルの同期を行うだけのサービスではなくバックアップツールとしても便利に利用できます。
同期するためにオンラインストレージ上にも最新ファイルのバックアップが常に存在しているので、万が一、PCのファイルが破損、紛失してしまった場合でも、バックアップを利用してすぐに元に戻すことができます。

また、いつものPCはもちろん、ソフトをインストールしていないPCからもブラウザを使ってアクセスし、必要なファイルをダウンロードできます。

デスクトップアプリの出来は素晴らしいので、とりあえずアカウントを作っておくべきサービスの1つです。
使用する際は、出来る限りニ段階認証を利用してください。

こちらから登録をすると500MBの追加ストレージが貰えます。

15

Google ドライブ

15GB 無料
100GB 205円/月
1TB 1,207円/月

初期無料ストレージ枠の大きさなら Googleドライブです。

 

15

Googleドライブ と

16

Googleフォトは別物?!

Googleドライブはどのような種類のファイルでも保存出来ますが保存容量は無料で15GBまでです。

Googleフォトは画像と動画専門のクラウドストレージで、画質に制限がつきますが保存容量は無料で無制限です。写真のバックアップに使うなら間違いなく容量無制限のGoogleフォトを使ったほうがいいです。
「画質に制限とは」写真のサイズが 16 メガピクセル以下のスマートフォンのカメラやデジタルカメラとなっていますのでiphoneで撮ったものならどんな写真でも大丈夫です。
またデジカメ等で撮った高画質の写真も圧縮されても良いなら容量無制限で保存出来ます。

注意が必要なのは、画質に制限のない「元のサイズ」でアップロードするとGoogleドライブのストレージを利用するという事です。

Google ドライブと Google フォト連携

写真や動画のアップロードやバックアップは、Google ドライブと Google フォトのどちらでも行えます。以下のように、用途によってアプリを使い分けることをおすすめします。
Google フォトでできること:

写真や動画を編集、共有する。
アルバムを整理する。
日付、撮影場所、人物で検索する。
写真や動画をバックアップする。

Google ドライブでできること:

写真や動画をフォルダで整理する。
写真や動画以外のファイルも一緒に管理する。
写真を Google ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライドに挿入する。
ファイルをアップロードして同期し、あらゆる端末で表示できるようにする。

Google フォト ヘルプより

Googleフォトで削除すると、端末からも削除される

端末ストレージとGoogleフォトを同期しているときは、注意が必要です。

Android版もしくはウェブ版のGoogleフォトアプリで「フォト」ライブラリから写真をゴミ箱に移動すると、同期しているAndroid端末のストレージからも自動的に削除される仕様になっています。
「フォト」ライブラリから写真を削除することは、あくまでもGoogleのサーバーの写真を消すことだと考えますよね。でも違うのです。

iOS版では少し挙動が異なります。ウェブ版で写真を削除しても、同期しているiOS端末から自動的に削除されることはありません。ただ、iOS版Googleフォトで写真をゴミ箱に入れた場合はAndroidと同じく、その端末からは写真が削除されることになります。(削除時に毎回、許可を求められます)
とは言え、Googleフォトアプリ内で削除しても、標準の写真アプリ内からは消えないと思うユーザーは少なくないですのね。

まとめ

大事なデータは、オンラインストレージだけでは、心配なので自分でNASのハードディスクに保存しましょう。
便利なクラウド連携機能でDropboxアカウントと連携したり、Google Drive、OneDriveなどに接続するとスマートフォンやタブレットのデータをクラウドサービスにアップロードしたり、ダウンロードしたりすることができます。

【送料無料】Western Digital(ウエスタンデジタル) WD Cloud 3TB WDBAGX0030HWT-JESN (WDBAGX0030HWTJE) [ハードディスク HDD]

価格:23,799円
(2016/8/18 13:22時点)
感想(0件)


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


スポンサーリンク

カテゴリー