World Info(わーるどいんふぉ)

SNSで拡散(バズ)って貰える記事が書けることを夢見て。

Polylangで初心者でも簡単に多言語化に!でも問題発生。。。「サイトに hreflang タグがありません。」というエラーno

time 2016/07/18

Polylangで初心者でも簡単に多言語化に!でも問題発生。。。「サイトに hreflang タグがありません。」というエラーno

これからWordpressでブログを開設するにあたり国内だけの情報発信だけではなく国外にも発信してみたいと考え「サイトの多言語化」をする為のプラグインを探していました。

日・英だけでなく、韓国語、中国語、タイ語、などのニーズに沿えるようなサイト作りが出来ます。

※追記 2017/1/16 PolylangからGTranslateに変更して使っています。
その記事は、こちらです。

sponsored link

Polylangを理由選んだ理由

Polylangを理由選んだ理由として特定の言語での投稿を作成し、別の言語で同じポストを作成することがシンプルに行うことができます。

WordPressでサイトを多言語化するのに有名な多言語化プラグインは、 WPML,qTranslate, Bogo,などありますが、飽きっぽい私がこのブログ続けられるか不安なので有料のプラグインではなく無料のプラグインで探していました。

そして、何よりも使わなくなった時に戻ることが出来る!これって凄く重要じゃないですか?
WPMLやqTranslateでは、後戻り出来ないそうです。

マルチ言語ウェブサイトを作成することが出来る強力なツールです。

まず、Polylangをインストールして有効化したら
設定 -> Languages で移動して、 Choose a language で言語を選択します。
Add new anguage ボタンを押して追加。
追加すると、右側にある一覧に追加されます。
Choose a language の選択以外の入力項目は特になにも入れなくても大丈夫のようです。

カテゴリ多言語化設定

カテゴリを選択すると、右側のリストに国旗のマークが増えていると思います。
画像の例では、英語版を増やしたのですがデフォルトが日本語で英語の国旗の所が+マークになっていると思います。

この+マークの部分が対応するカテゴリが無い場合です。+マークを押して対応する外国語のカテゴリを作っていきます。

あとは、記事を作成して翻訳した投稿を作るのですが、自分で翻訳するか、Polylangと連携しているプラグインのLingoTEKで機械翻訳が出来ます。さらに、有料ですがプロに頼んで翻訳を頼むことも出来ます。
翻訳が出来たら公開をするだけで、簡単にマルチ言語ウェブサイトが簡単に完成す。

しかし、Google Search Consoleからお手紙が・・・その内容は、

Google Search Consoleからお手紙は、「サイトに hreflang タグがありません。」というエラーでした。

で、その対処法は、次ページで。

1 / 212

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


スポンサーリンク

カテゴリー